ブログ

磐田市結婚相談所☆婚活お役立ち情報【感情をコントロールする心理術】

感情コントロール

静岡県磐田市(袋井市・静岡市・浜松市・島田市・菊川市・藤枝市・御前崎市)恋活&婚活&自分探し中の皆様、いつも有難うございます。そして婚活本当にお疲れ様です。

日本最大級の婚活ネットワーク日本結婚相談所連盟正規代理店・地域密着型結婚相談所連合東海婚活応縁ねっと幹事会社の静岡県袋井市(静岡市・掛川市・浜松市)・愛知県名古屋市(蒲郡市)の婚活結婚相談所ライフパートナーズ代表の石川です…♪

今回の婚活お役立ち情報は、感情をコントロールする方法をテーマにお伝えさせて頂きます♪

外面と内面

人間は、感情によって左右される生き物だと思います…。

嬉しい時は喜び、悲しい時は泣き、楽しい時は笑い、そして時には怒りの感情をぶつける…

この事自体は、極々普通の事だと思います…。

ただ、社会生活を円滑に行っていく上では、喜怒哀楽を状況を考えずに出してしまっては、上手く行かないと思う…?

大人としての最低限の感情コントロール手法は、身に着けておく必要があると思います…。

怒りを鎮める方法

6秒だけ冷静に待つ

人の怒りは、6秒でピークが過ぎると言われています。怒りを感じたら、すぐにそれを表に出すのではなく、まずは6秒我慢してみると、すっかり治まってしまう事が有ります。

怒りを感じた時に、深呼吸してみる…この習慣を身に着けると、不必要な軋轢を防げるかもしれないですね♪

相手も悪気があってやった訳ではないと思う

相手のとった行動や言動に対して怒りを感じた時に、悪意があると思うのを一旦やめてみましょう。相手も偶然やってしまったと考える事によって、怒りが少し治まっていくと思います。

傷ついたそぶりを相手にみせない

相手に嫌味を言われて、傷ついたそぶりを見せたり落ち込んだ雰囲気を醸し出すと、相手は喜んでしまう可能性が有ります。気にしていないそぶりや「指摘してくれて有難う」などの大人の態度をとる事が出来れば、相手は「言い過ぎたかも」自分が蒔けたかも」などと思い、それ以上嫌な事を言ってこない可能性が高まります。

何故起こっているか冷静に相手を観察する

自分に非がなく、相手が必要以上に怒りを現してくる時などは、冷静になって相手を観察したり相手の状況を推測してみましょう。「昨日家庭で嫌な事があったのかな?」「論理がおかしいけど大丈夫かな?疲れているのかな?」などと相手を冷静に判断する事によって、自分の気持ちが落ち着いてくると思います。

前向きにとらえる

相手から怒られた時や楽しめない状況に陥ってしまった時などは、「気づかせてくれて有難う」「この状況の中でも何か楽しい事はあるはずだ!」などと、どんな状況下でも前向きに捉える癖をつける事が出来れば、人生はきっと良い方向に向かっていくと思います♪

悩みを解消する方法

悩みの原因を紙に書きだす

悩みやすっきりしない状態が続き気分がなかなか晴れないのは、その原因が分からない事が理由になっています。何が悩みで何をすれば、解決できるか一度紙に書きだしたり、ワードなどに入力してみましょう。

例えば、問題点が5個あったとしたら1個1個解決していき、5個すべてが無くならなくても、いくつか消していく事で気分が少しづつ晴れていくと思われます。

自信を持つ事

悩み事や問題点を解決する為には、自分で出来ないと決めつけてしまっては、達成する事は難しいと思います。「なんとかなる」「大丈夫」「きっとよくなる」などの前向きな言葉を口癖にする事によって、悩みが深刻化する事を防ぎ、気持ちが楽になると思います。

成功のイメージを持つ

スランプや迷走から抜け出せない方は、今の悪い状況の事ばかり考えていると思います。スランプから抜け出した時のイメージや成功した時の明るい未来を想像する事によって、自信とやるきが沸き上がってくるかと思います。

競争意識を低く持ち他人と比べる事を辞める

ストレスが溜まりやすい人は、周囲との競争意識が強く他人と比べて自分で自分を追い込んでいる傾向が強い方が多いと思います。自分のペースで取り組み、周りを余り気にしない習慣を身に着ければ、少し楽に生きる事がでしますよね。

無理に変えようとしない

今までの生活を無理に変えてストレスをためるよりも、少しづつ出来るところから物事に挑戦する事が大切です。ダイエットが特にそうですが、いきなり今日から炭水化物全て禁止…などと高いハードルを掲げてしまうと、長続きしない可能性が高いです。少しの変化の積み重ねが、やがて大きな実を結ぶ事を認識しましょう。

今回のまとめ

今回は、感情コントロール方法の中の怒りの鎮め方と悩みを解決する方法をお伝えさせて頂きました。婚活は、敗者復活戦のないトーナメント方式(一発勝負)です。出逢いの場で最高のパフォーマンスを発揮できる様に、感情コントロールを含めて、意識的に自分を高めていく工夫や努力をして頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る